伝統的なハワイアンジュエリー

2020年06月17日

投稿者:太田 未来 さん

Aloha

ハワイのアクセサリーといえばハワイアンジュエリーが有名ですよね。自分へのご褒美や新婚旅行でペアで買われる方、大切な方へのプレゼントとして選ばれる方も多いと思います。

 

私はハワイアンジュエリーについて少し興味はありましたが、きっとお高いんだろうなぁというイメージだけで身に付けたことはありませんでした。

J1ビザで縁あってハワイアンジュエリーの会社でインターンシップを受けるようになり、今まで知らなかった事をたくさん学び、今ではハワイアンジュエリーの虜になっております(笑)

 

 

まずハワイアンジュエリーの歴史をご説明します。

 

ハワイ王朝最後の女王リリウオカラニ女王が思いをこめたハワイ語を刻んだバングルを一生涯身に着け、また自身の願いを込めて作らせたのがハワイアンジュエリーの始まりです。女王がそのハワイアンジュエリーを大切な人へ贈ったことから、代々受け継がれる宝として多くの人々から愛される存在となりました。

(http://www.tonyhawaii.com/ より引用)

 

上記から分かるようにハワイアンジュエリーはとても歴史があり、想いを一つ一つ形に残して大切な人へ受け継いでいくことが、きっと現在でも人気の理由の一つなんだと思います。

 

では、その形であるデザインについて少しご紹介いたします。

ハワイアンジュエリーのモチーフには全て意味があり、例えばハワイのお花である「プルメリア」は女性の守り神という事から自分へのご褒美やプレゼントとして人気だったり、「波」は永遠や幸運を運んでくると言われていて男女問わず人気のデザインです。

意味を知って身に付けることで前向きなパワーやジュエリーを見るたびに大切な想いを感じることができます。

 

 

すでにあるジュエリーをそのまま購入することもできますし、自分の好きな文字やデザインにしたいならオーダーすることもできます。

プラチナ、18金、14金、10金、シルバーといった金属の種類がありますが、ハワイで一般的なのは14金です。14金だと硬くて丈夫、そしてハワイアンジュエリーは掘りが特徴的なので、より深く彫れて仕上がりがキラキラとしてとても綺麗です。

 

カラーバリエーションは、イエローゴールド、ホワイトゴールド、ピンクゴールド、グリーンゴールドがあります。日本でまだ流通してないグリーンゴールドが最近人気です。イエローより控えめで少し青みがかった色で、他の人と被らないのが好きな方にもおすすめです。

 

 

私は自分の肌の色にはイエローゴールドが一番映えたので、初めにイエローゴールドのリングをオーダーしました。

 

 

幅は3ミリ、デザインは波だけ、縁はカットなしのストレートタイプ、裏には一生忘れないようにハワイに到着した日付とインターンシップを受けている店の名前を掘りました。

あと母の還暦祝いにピンクゴールドのカーブかかったバーネックレスを贈りました。裏にはハワイ語の「ola(健康)」と誕生日を彫ってもらい、とても喜んでくれました!

 

 

オーダーメイドだと世界に一つしかありませんし、想いも込められて一生大切にしようと思いますよね。

 

Mahalo