ハワイのルール

2022年03月29日

投稿者:Hiromi さん

Aloha!

最近、ハワイでの歩行中に取られかねない罰金について学んだので、

少し皆さんにシェアしたいと思います。

 

日本では歩行者が一番守られていて、歩いているだけで多少ルール違反をしても

罰金を取られることはそうそうないと思いますが、

ハワイ、特にワイキキエリアにはたくさん警察官がいて、歩行者も取締ります。

 

横断歩道以外で道を渡るのはもちろん違法で罰金すが、

横断歩道を渡っているからといって油断はできません。

横断中に携帯電話やモバイルツールを見ていたら罰金のチケットが切られます。

1回目より2回目、3回目と値段があがるようです。

皆さん罰金の制度を知っているのか、

携帯を見ながら渡っている人はこの時はいませんでした。

 

また、横断歩道の信号の「手のマーク」が点滅、

またはカウントダウンが始まってから横断を始めたら罰金です。

片側1車線程度の道で、20秒位残っていても渡ってはいけません。

ハワイ州では、このカウントはすでに渡り始めた人が渡りきるための目安とのことです。

このサインの時は渡り初めて大丈夫です。

 

手のサインの点滅のみ、または手とカウントダウンの時は

渡り始めてはいけないことになっていますので、ご注意下さい!

 

あと、歩道があるのに車道を歩くのも違法なようです。

歩道がない道は車道の左側を歩き、

車が自分の進行方向から向かってくるように歩かないといけません。

 

ワイキキのメイン通りだと歩行者はかなり信号無視しますし、携帯も見ています。

全員が罰金の切符を切られているわけではないですが、いつ切られてもおかしくないですね。

 

今週からコロナ関係の規制が減り、そろそろ観光客で賑わう日が返ってきそうなホノルルですが、

せっかくの旅行や留学中に罰金など取られたら、時間もお金も気持ちももったいないので、

こういったルールを少し気に留めていただけると良いかと思います♪

 

この記事を書いたのはこの方

コラムニスト:Hiromi

ハワイ生活が現実となりました。 日本人として、ワイキキ周辺で困ることは全然ありませんし、海外に来た気もしませんが、暮らすとなると色々新鮮です。 「気が付いたら1年終わってた」とならないよう、また、1年たってもハワイが好きだと言っていられるように頑張ります!