ハワイ文化を学ぶ休日

2020年07月20日

投稿者:寺田 星奈 さん

こちらの写真の場所はワイアホレという、オアフ島の上のエリアになります。

今回こちらに行ったのは、フラダンスで使用するある植物を採るため!

 

 

写真からでもその空気感が感じ取れるような、とてものどかな場所ですね。♪

 

今回採りにきた植物は、フラの衣装作りのために使用するものなのですが、

大会などは特に、ダンサーが身につけるものは全て自然のものを、というルールがあります。

その土地の自然素材を使用し衣装やレイを作ったりするんです。

 

 

今回必要なのが、ハワイ語でOlena、ハワイアンジンジャーと呼ばれているものです。

 

中身がオレンジ色なだけで、使用用途は日本の生姜と同じです。

今回はこれを衣装を染めるために使用します。

 

これ、オーガニックのスーパーにも売っているんですが、

フラで使用するものは、買うより自分たちで自然の中から採ってくるようにと先生から言われます。

 

フラは自然から生まれたものなので、身に着けるものは全て自然の恵みから、

そして感謝しながら踊る、というのがフラなのです。

自然から植物を採らさせていただく際、森に入る前、皆でチャントを唱えたりもします。

 

 

今回のOlena探し、とっても苦労したのですが・・

 

知り合いの家のファームで育てているとのことを聞きつけ、

ワイアホレまで連れて行ってもらいました。

 

本当に綺麗な場所。

 

 

Olena、冬は葉が枯れているので分かりづらいですが

ここに生えています↓

 

 

 

無事Olenaもとらさせていただき、↑

 

帰りには近くのローカルなハワイアンプレート屋で

美味しいポイとカルーアピッグも食べました♪

 

みなさん、カルーアピッグはご存知でしょうか?

豚肉を葉っぱで蒸し焼きにした、ハワイアンのソウルフードなのです(^^)

 

左上に写っているのはポイと呼ばれるタロイモのようなお芋をすりつぶしたものです。

こちらをお料理に絡めていただくのですが、とても不思議な味で、

最初は??ですが、食べれば食べるほど好きになる味なんです!

今では大好きになってしまいました。

 

 

ハワイアンデザートも↓

こちらは、お芋でできたお餅みたいな食感なんです。

 

 

そして今回、衣装のスカートに模様をつけるために

竹のスタンプも必要になるのですが、その過程も少しお見せします↓

 

 

途中ですがこちらはOhe kapala(オヘカパラ)と呼ばれるもの。

竹をカットし、表面を削り、形を彫っていくのですが竹が固くてとても難しいんです。

綺麗な衣装を作るのは労力がいるんですね。

 

昔は、このスタンプで洋服に模様をつけていたそうです。

 

以上、いかがでしたでしょうか(^^)

みなさんもここから少しでもハワイ文化を感じることができたら嬉しいです♪