Potluck Party

2020年08月10日

投稿者:Rie Ishii さん

アメリカ流パーティー

 

世界中の各家庭や友人同士、また最近では職場でもおめでたい事やお祝い事があった時には、様々なパーティーを繰り広げて祝福をしています。

日本でもお花見の時にはお弁当を作っていき、綺麗な桜を見ながら春を楽しむというパーティー(というよりも、恒例行事?)がありますが、アメリカではポットラックという文化があり、ここハワイでも、度々この場面に遭遇するようになります。

 

みんなでバーベキューをしよう!

明日○○ちゃんがお誕生日だよ!!

もうすぐでクリスマスだね!!!

 

といった、日常で起こるイベントがやってくると、持ち物などの打ち合わせをしていなくてもハワイにいる人達は全員が自然とポットラッグという考えがあるので、各々が何かしら持参して、みんなで食べます。

 

日本人は、人への気遣いや配慮を考えるため、パーティーに持っていく物と言われたら何を持っていこうかと、ものすごく考え込むと思います。

手作りではなく、○○○で購入した方がいいのではないか、相手方に気を使わせないようにあまり高くない物の方がいいのか、と。

 

こちらハワイでは、そんなに難しく考えません!!(良い意味で...笑)

なんだっていいからです。

 

ポテトチップス1袋でも、自宅で炊いたお米一合でも、自分が作ったケーキでも、とにかくなんでもいいのです!

 

みんなで楽しく過ごせれば、その気持ち1つさえあれば、あとは時間に身を任せるだけ。

 

 

ハワイのロコ直伝のデザート

 

私は本当にたくさんのポットラッグに参加しました。

チキンを焼いて持ってくる人や、アメリカ独特の特大サイズのボトルジュースを持ってきてくれる人、そして懐かしいちらし寿司を作ってきてくれる人もいるので、多国籍なお料理が食べられるのもポットラックの素晴らしいところです。

 

まさに、とある日のポットラックで、私はロコの友達が持ってきた手作りデザートが究極においしすぎて、その場で作り方を教えてもらったこともあったのです!

 

作り方は、とっても簡単。

 

クリームチーズとサワークリームチーズを混ぜて、そこに好きな量のお砂糖かはちみつを入れ、バニラエッセンスを適量入れるだけです。

あとはそこに自分の好きなフルーツを入れてミックスすれば、出来上がり~☆

私はいつもブドウに、トッピングでナッツをかけたりすることもあります。

 

こんなに簡単なのに、なぜこんなにおいしいんだろう!!と、不思議なくらいどハマりしてしまい、今では私にとっての食後のデザートなので、毎回自分で作っています。

 

ポットラックのおかげで、不器用だった私もお料理が少しできるようになりましたよ。