ハワイ諸島のテーマカラー

2020年07月05日

投稿者:Rie Ishii さん

ハワイ諸島って本当はいくつある?

 

ハワイ諸島は小さな島々を合わせると、全部で132個あるのはご存知でしょうか。

その中でハワイ州として主流の島は、全部で8個になります。

 

ハワイ好きの皆さんは、スラスラと全部の島を言うことはできますか?

 

8個のうち1つは、我らがオアフ島。

そしてだいたいの方が知っているネイバーランドは、ハワイ島、マウイ島になるかと思います。

その他の島は、カウアイ島、モロカイ島、ラナイ島、ニイハウ島、カホオラウェ島になります。

 

 

立ち入り禁止の島

 

ハワイ州8島は、それぞれ面積や気候、そして島の環境も異なります。

どんなところなのか、ハワイ好きの人は全島行ってみたい!と思いますよね!

しかし全ての島に行けるわけではなく、ニイハウ島は勝手に上陸することを禁止、そしてカホオラウェ島はいまだに上陸すること自体を禁止としているのです。

 

そう、ハワイにはまだまだ隠された神秘的な世界がたくさんあるのです。

 

島々のテーマ

 

ハワイ州には、それぞれの島を象徴するテーマカラーと植物を持っています。

島の特徴と一緒に合わせて見ていくと、なんとなく理解できる部分もあれば、行ったことのない島への興味も沸いたりと、とてもおもしろいのです。

 

☆ハワイ島:ハワイ諸島の中で一番大きな島で、愛称ビックアイランドと呼ばれています。

テーマカラーは赤。象徴する植物はレフア。

 

☆マウイ島:ハワイ諸島で二番目に大きな島。ハワイのビーチ風景やイルカの絵で有名なラッセンなどといった芸術家が

住む島としても有名です。テーマカラーはピンクで、象徴植物はロケラニという小さなバラ。

 

☆ラナイ島:愛称パイナップル・アイランド。かつては世界の20%のパイナップルをラナイ島が生産していました。

テーマカラーはオレンジで、象徴する植物は、カウナオナ。

 

☆オアフ島:我らがオアフ島は、ハワイ諸島の中でも一番の観光、経済、政治の中心の島です。

テーマカラーは、イエロー。象徴植物はイリマです。

 

☆カホオラウェ島:ハワイ州禁断の島。従来はほとんど人が住むことがなく、カメハメハ1世の頃に統治された島として有名です。

テーマカラーはグレー。象徴する植物は、ヒナヒナ。

 

☆モロカイ島:放牧とパイナップルの栽培が有名な島で、ハワイ諸島の中では一番最長のサンゴ礁が見える場所があります。

テーマカラーは緑。象徴する植物は、ククイの花。

 

☆カウアイ島:ハワイ諸島で一番古いと言われているカウアイ島は、元々はニイハウ島と陸続きであったと言われています。

テーマカラーは紫。象徴植物は、モキハナ。

 

☆ニイハウ島:個人の所有物となっている禁じられた島。電気も水道もない為、現在でも古来ハワイの生活が営まれている

と言われています。テーマカラーは白。象徴する植物はププという小さな貝だそうです。

 

Big Island

 

Lanai Island

 

Kauai Island