Molokai Bread

2020年07月23日

投稿者:齋藤 葵 さん

ハワイにはおいしいものがたくさんあります。

スパムむすびなど、ハワイではお米も食べれるところが日本人にとって魅力ですが、それだけでなく人気のベーカリーも多いのです。

マラサダやパフなど、人気のお店はたくさんありますが、今回はモロカイブレッドをご紹介します!

 

このブレスレットは名前の通り、元々はモロカイ島で販売されているパンです。地元でもとても人気で、お店にはたくさんの人が買いに来る、とてもおいしいブレットです!

 

しかしオアフ島では、お店ではなく、トラックで移動販売されています。店舗販売ではなく、毎日いろいろなところにトラックで現れ、そこで買えるようになっているのです。

場所は日々変わりますが、ワイケレのアウトレットの駐車場や、パールリッジセンター近くの駐車場などです。詳細は、モロカイブレッドのインスタグラムやホームページなどに掲載されています。時間も一緒に掲載されているので、そこで確認して行ってください。

時間になるとトラックが現れ、そこで注文して受け取るようになっています。私が行ったときは、販売スタートの時間ですでにたくさんの人が並んでいました!

 

ブレットの種類は、1つ!

顔よりも何重も大きい、丸いプレーンパンです。ここにジャムやバターを挟んで食べます。

ストロベリー、ブルーベリー、クリームチーズ、バター、シナモンとチョイスがあり、好きなものを選んで組み合わせます。また、その時期限定のフレーバーもあるので確認してみてください!

 

わたしのおすすめは、全部をはさんだ'Da works'!全部が入っていても、ちょうどよく味が混ざり合いおいしいです。そして、パンがふわふわしていて、どんどん進むおいしさです。

パン自体はプレーンでも売っているので、甘いものは苦手という人でも、パン自体の美味しさを味わえるようになっています。

 

販売場所はワイキキなど中心部より離れていることも多いですが、ショッピングモールの駐車場で販売されることもあるので、ブレットとお買い物どちらも、楽しむことができます!少し遠出のおでかけとしておすすめです!

 

 

この記事を書いたのはこの方

コラムニスト:齋藤 葵

▼出身地 神奈川県 初めまして、Aoiです。私は日本で高校を卒業後、ハワイの大学に留学をしていました。2年ほどハワイで学生生活を送り、ハワイや様々な国の文化や考え方に触れ、新しいことをたくさん学びました。この経験は自分を大きく成長させてくれたと思っています。 その後、日本の大学も卒業し、日本の企業で働いていました。仕事では海外のお客様とそこまで深くは関わることがありませんでした。また英語を使う機会が減り、どんどん忘れていっていました…笑 その中で、もう一度ハワイで、今度は社会人として様々な人と出会い、新しいことを学びたいと思い、ハワイに行くことを決めました。今ハワイでまた日々新しいことを学んでいます!そして、またこの経験が自分を大きく成長させてくれるように、様々なことに挑戦してしていこうと思っています!