Diamondhead Sunrise Hiking

2020年10月06日

投稿者:庄司 雅世 さん

オアフ島のシンボルといえば、ダイヤモンドヘッド。ワイキキからのアクセスも近く、ハイキング初心者でも楽しみながら登れます。ダイヤモンドヘッドからはサンライズを見ることができます。

私たちは1月2日の早朝に行きました。今回はツアーを利用しました。ダイヤモンドヘッドサンライズツアーはいくつかの旅行会社で取り扱っています。ダイヤモンドヘッドの開園時間は通年6:00で、日の出時間は乾季の5〜10月は6:00前後、雨季は11〜4月の7:00前後なので日の出を見るには雨季の季節でしか見れないので注意が必要です。

朝5:00に滞在しているコンドミニアムにマイクロバスで迎えに来てもらい、その後数ヶ所ホテルでピックアップをしました。ダイヤモンドヘッドへは30分ほどで到着です。自分で行く場合は、車、タクシー、The BUSで行くことができるようです。バスではバス停から登山道まで15分程度徒歩移動が必要です。ツアーでは登山道入り口前まで行ってくれるので楽でした。サンライズを見る人達で付近の道路は混雑していました。ツアーでは登山道から自由行動で7:40までバスに戻ってくるようにと指示がありました。

登り始めはまだ真っ暗で何も見えません。スマートフォンのライトで照らしながら進みます。登山道は最初の部分は舗装されていて歩きやすいですが、不安定な場所や急な坂もあるのでスニーカーで行くことをオススメします。たくさんの人が細い道を列になって進みます。前半急な道が続き、少し辛いですが後半は楽になってくるので大丈夫です。途中の絶景スポットも楽しみながら歩きましょう。

およそ30分程かけて、6:30頃山頂付近に到着しました。頂上にはすでにサンライズを待っている人たちが大勢いました。頂上から少し降りたところにも海側に突出した展望スペースがあり、そこからも景色を堪能できます。太陽が出始める前の空が淡いピンク色のグラデーションに染まりとてもキレイです。空が徐々に明るくなり、7:08頃にようやく初日の出を拝むことができました。バスへの戻りの時間が指定されているので、あまりゆっくりはできません。日の出の写真を思う存分撮影したら、足早に下山します。帰りは20分程で下りることができました。

服装については、最初は少し肌寒いですが頂上付近ではほぼ寒さを感じず、登っている途中で暑くなるのでTシャツでも平気でした。

今度は日中の景色を見てみたいので、再度ダイヤモンドヘッド登山に臨みたいと思います!