ハワイ諸島のお花たち

2020年06月02日

投稿者:寺田 星奈 さん

みなさん、ハワイのお花は好きですか?

 

ハワイに来ると、良い香りのお花に癒されますよね(^^)

実はハワイには、島それぞれに代表のお花があるのをご存知でしょうか?

 

そこで今回は、ハワイ諸島それぞれに代表されるお花をご紹介したいと思います。

古代ハワイアンたちは、ハワイ諸島の主要8島に、それぞれの島を象徴する植物を定めていったそうです。

まずは一番大きいハワイ島から!

 

◼︎ハワイ島

ハワイ諸島で一番面積が大きく、愛称はビッグアイランド。

島の象徴カラー:赤

植物:オヒア・レフア

ハワイ諸島でしか見られない固有植物で、

火山地帯で溶岩流が冷えた後、最初に生える木と言われています。

また、レフアは様々な伝説を持つある花でもあるんです。

 

◼︎マウイ島

ハワイ諸島で二番目に大きい島。

現在は多くの芸術家が住む島として知られているそうです。

島の象徴カラー:ピンク

植物:ロケラニ(小さいバラ)

ハワイ語で”ロケ"はバラ、”ラニ”は天国を表します。

よってロケラニは天国のバラですね!

 

◼︎オアフ島

ハワイ首都ホノルルがある、世界的なリゾート地。

島の象徴カラー:黄色

植物:イリマ

イリマのレイはロイヤルレイと呼ばれ、

かつては王族しか身につけることが許されていませんでした。

この花の花びらはとても薄く、持ちが悪いため、

その日に大量の花を摘み製作するため、大変な労力を必要とします。

 

◼︎ニイハウ島

『禁じられた島』として知られるこの島は、

現在個人所有物で、電気・水道もなく、

現在でも古来ハワイの生活が営まれているといわれています。

ハワイ特産として知られるニイハウシェルの産地でもあります。

島の象徴カラー:白

植物:ププ(ニイハウは植物ではなく、貝)

 

◼︎モロカイ島

放牧とパイナップル栽培が有名な島。

島の象徴カラー:緑

植物:ククイの花。

ククイはとても高価なレイの材料になり、

かつては、上流階級の人だけが着用していました。

 

ククイのレイ↓

 

◼︎ラナイ島

以前はドール社が島ごと所有し、パイナップルを栽培していた島で、

別名パイナップルアイランドと呼ばれます。

島の象徴カラー:オレンジ

植物:クウナオア(オレンジと黄色のエアープラント)

 

いかがでしたか?

お花に溢れるハワイ、こういうミニ知識を持っていると、

また違ったハワイを楽しめそうですよね(^^)

 

お散歩がてら、是非気にして見てみてください♪