ワイキキビーチ散歩して気づいたこと

2020年05月01日

投稿者:太田 未来 さん

Aloha

今朝は天気が良く、ハワイらしい気候になってきたので朝散歩に行ってきました。

今回は散歩をして気づいた事を3つシェアします。

 

1つ目は、ワイキキビーチで遊ぶ際に気をつけるべき、クラゲが発生するタイミングについてシェアしたいと思います。

 

その発生期間は、満月の後から10日前後と言われています。つまり毎月必ず発生する時期があり、今月は47日(火)がスーパームーンだったので、161718日はクラゲ発生期間です。そのためビーチにはクラゲ注意の赤い旗が立っており、海で泳いでいる人はほとんどいませんでした。

 

 

はっきりした理由はまだ解明されていないようで、繁殖活動に関係があるのではと言われているようです。

 

クラゲが大量に発生した際に、たくさんの観光客が刺されニュースになったこともあります。

ビーチで遊ぶ時は、クラゲの発生時期をちゃんと確認し、計画を練った方がいいですね。

 

 

2つ目は、ワイキキにあるほとんどの店のショウウィンドウやレストランの入り口は板で覆われています。こうしないとガラスが割られてしまうからだそうです。

 

 

ハワイだけどやはりアメリカ・・・お店も防犯対策は欠かせないようです。

警察官もいつもより多くいるように感じます。

公園で複数の人が立ち入ったり、座ったり遊んだりしているとパトカーが警告音を出しながら近寄ってきます。

 

420日から公衆の場所においてマスクを着用することが義務化されるので、ますます取締りも厳しくなりそうです。

 

 

3つ目は、変貌を遂げたダイヤモンドヘッドです。いつも見る姿は茶色がかったイメージですが、最近雨の日も多く、暑ずぎない気候によりハワイの象徴は緑で溢れかえっていました。青々と、そして生き生きとした姿に感動します。

 

 

ハワイに来て天気が悪いからといって落ち込むことはありませんね。どんな天気でも素晴らしい風景を見ることができ、晴れでは気づかない美しさに出会えます。

 

普段朝は散歩しないのですが、いつもと違う事をするだけで気づかなかったことに気づけ、新鮮は気持ちになりました。

 

皆さまくれぐれもお身体ご自愛ください。

 

Mahalo