レイ

2022年11月17日

投稿者:cyam さん

先日、お客様からいつもお疲れ様とレイを頂きました。ハワイに来て初めて生花のレイでとても嬉しかったです。この機会にレイについて調べてみました。

古くからハワイでは森羅万象に神が宿るとされ、レイは、さまざまな植物や動物に宿る神々を崇める手段のひとつとして、また、フラで祈りを捧げる際にも用いられたようです。現在もなお伝統的な文化イベントが行われる際には、欠かせない文化象徴の存在となっていますが、そういった伝統的な場面だけでなく、ただ単純に誰かを思い、時間をかけて素材を集めてレイを作ったり、時間をかけて選ぶこうした贈り手の思いが込められていて、特に特別な機会がなくても、日常的にアロハの気持ちとして贈られるそうです。私が今回頂いたプルメリアには気品、恵まれた人、ひだまりなどの意味がありそうで、満月の夜明けに集めたプルメリアで作ったレイを好きな人に渡すと恋が叶うみたいです。また、プルメリアの5枚の花びらにはハワイの挨拶「ALOHA」の意味がそれぞれ当てられているようです。

A:Akahai(優しさ、親切さ、思いやり)

L:Lokahi(調和)

O:Olu’olu(喜び)

H:Ha'aha'a(慎み深さ、る謙虚)

A:Ahonui(忍耐、我慢強さ)

アロハというと日本人は「こんにちは」だと思っていますが、もっと深い意味のある言葉です。プルメリアにこのような意味が込められているとは知らなかったのでとても良い勉強となりました。

明日、ノースショアの海にレイを返しに行こうと思います。

この記事を書いたのはこの方

コラムニスト:cyam

コロナ禍の日本で制限された生活を送る中で、 幼い頃からの夢だった海外での生活を実現させたいという想いが益々強くなり、 実際に行動することを決めました。 様々な人種や文化が集うこの島で、色んなことを経験し学びたいと思っています。 悔いのない1年にするために、お仕事だけでなく、プライベートも充実した生活をすることを目標に頑張ります。